水のコラム

キッチンの高さは適切?キッチンの適切な高さやリフォームの相場について知ろう!

2022年03月04日  キッチンのメンテナンス


毎日使うキッチンは、誰もが「快適で使いやすい空間にしたい」と思っているでしょう。

今回は「キッチンの使いやすい高さ」に焦点を当てながらキッチンリフォームについて紹介していきます。

リフォームを行う上で、気になる予算についても詳しく解説するので、キッチンのリフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

高さの合わないキッチンを使っているとどうなるか?

普段は料理をしない方にとっては、キッチンの高さは「さして問題でない」と思うかもしれません。しかしキッチンの高さは、料理や洗いもののしやすさに直結するため、家事の生産性をあげる上でとても大切です。

また健康面においても、高さの合わないキッチンで長い時間作業することは、体に余計な負担がかかってしまいよくありません。キッチンの高さが体に合っていないと、首や腰に負担がかかってしまい、痛めてしまうこともあります。

では、具体的にどのようなことが弊害として起こり得るのか見ていきましょう。

■腰痛・肩こりなどが生じる
キッチンの高さが合わないと起こる弊害で最も多いのが、体に痛みが生じることです。

とりわけ、高さの合わない低いキッチンで毎日家事をしていると、常に腰をかがめた姿勢になってしまい、腰痛が起こりやすくなります。

同時に首や肩も連動しているので、当然ながら首の痛みや肩こりも併発しやすくなるでしょう。

ご自身の体をチェックしてみてください。キッチンの家事の後、体が痛む方は、キッチンの高さ調節の必要があるかもしれません。

■固いものを包丁などで切る時に力を入れづらい
力が入りにくいケースは、キッチンの高さが逆に高すぎることが考えられます。

とくに固い食材を切る時には、真上から力を加えないと切り落とせません。キッチンの高さが高すぎると、力を入れにくく余分に力んでしまい、誤って怪我をしてしまう可能性もあります。

■水はねによって衣服が濡れてしまう
水はねはキッチンの高さが低いときに起こりやすくなります。

流しが低い位置にあると洗い物をしているときに水がはねやすく、腹部や裾などが濡れてしまいます。

ちょっとしたことも積み重ねてしまうとストレスになってきます。

キッチンの標準となる高さは?

では、キッチンの高さに標準というものがあるのでしょうか。

高さ標準については、どのメーカーであっても一定の基準が設定されています。通常、キッチンカウンターの高さは「身長÷2+5センチ」で算出します。

仮に身長が155センチの方であれば、キッチンの高さは82・5センチが最適です。

一般的なキッチンメーカーにあるキッチンの高さは、JIS(日本工業規格)によって5センチ刻みで用意されており、そのバリエーションは「80センチ・85センチ・90センチ・95センチ」となっています。

たとえば、160センチの身長の方であれば、85センチサイズが適当となります。ただ、これらの基準はあくまでもマニュアル上のものなので、人それぞれの腕の長さや体型に合わせる必要が出てきます。

それからキッチン床にマットを敷く時や室内履きの「かかと」部分の高さによって実際の身長が変わってきますので、リアルなイメージを持って高さを決める必要があります。

キッチンの高さを変えるためのリフォーム費用は?

キッチンの高さを調整するリフォーム工事では、キッチンそのものの工事にプラスして、シンクだけの付け替え工事やコンロ周りのみのリフォーム工事があります。

家事をしている時の不都合点を書き出し、改善ポイントに優先順位をつけていくことが工事を検討する上で重要です

ここでは、キッチンそのものの工事費用について解説します。
まず、キッチン自体の高さを調整するためのリフォーム工事については、次の2パターンがあります。

1.現在のシステムキッチンの高さだけを変える方法
2.新品のシステムキッチンにすべてリフォーム工事する方法

では、それぞれのリフォーム工事費用相場を見ていきましょう。

■現在のシステムキッチンの高さをリフォーム工事
費用は約12万円〜22万円、工事期間は、おおよそ1日〜3日です。

これは、現在のシステムキッチンを一まず取り外して新たに台を作り、高さを上げて調整をする方法です。新品のシステムキッチンにリフォーム工事する方法に比べて、低コストでリフォーム可能なので、あまり費用をかけずに対処したい人におすすめできます。

キッチンそのものは継続して使用するため、工事期間も短くすることが可能です。

高さを上げる際に、水道管や排水管・ガスの延長工事がともなう場合は、追加費用が発生するので注意しましょう。また、かさましした部分の材質が現在のシステムキッチンと違ってしまい、見た目が不自然になる可能性があることも想定しておきましょう。

あえてまったく違う色にする、グラデーションになる色を選ぶなどすると、馴染みがよくおしゃれに見えます。材質については、リフォーム工事を行う前に専門業者にアドバイスを仰ぐとよいでしょう

■新しいシステムキッチンにリフォーム工事
費用は約50万円〜150万円、工事期間は、1週間ぐらいです。

これは、現在のシステムキッチンと同じ位置に新品のシステムキッチンを設ける方法です。

キッチンの高さ変更を機に「新品のシステムキッチンに取り替えたい」と思っている方にはおすすめです。上記で紹介したリフォーム費用は、キッチンの位置やその型を変更しない方法の場合の費用相場です。

たとえば、現在の壁に埋め込まれたシステムキッチンをまったく違ったタイプの「独立対面型キッチン」に変更する場合などは、費用は割高になってくるでしょう。

また、キッチンメーカーや使う材質により、工事費用は大きく変わってくるので、リフォームする前によく調べてから取り組みましょう。

キッチンの高さを変更する際に注意したいポイント

では、キッチンの高さを変更する際には、具体的にはどんな基準で選べばよいのでしょうか。
シーン別に考えていきましょう。

■高くするか低くするのかで迷っているケース
仮に低いキッチンサイズにしてしまうと対処法に困りますが、高いキッチンサイズの場合、台を設置したりヒールの高い室内履きをはくなどの対処法があるので、もしあなたがキッチンの高さで迷っているのなら、少し高めサイズにすると失敗しないでしょう。

昨今では、キッチンの高さ基準として「肘の高さ−10センチ」で算出する方法もあるようです。

■二世帯住宅は要注意
たとえば、二世帯住宅でキッチンを共用する際には、高さ選びに慎重になる必要があります。

仮に親世帯と子世帯の体型が近ければ問題ないのですが、多くのケースで、親の方が身長が低いことがあります。

高齢である親世帯に使いやすい高さとしたところですが、身長が高い方に合わせることを推奨します。

理想的な状態よりも「高い」のであれば、台を床に設置したり、ヒールの高い室内履きを履いて調整が可能だからです。

また、どちらの世帯が将来長く使うことになるかといえば、子世帯の方です。どのような使い方をしていくのか、よく家族で話し合ってから決めるようにしましょう。

■小さいキッチン併設する
どちらにも決めかねてしまう場合には、最後の妥協案として、小さいキッチンを併設するという手段もあります。しかし使い勝手・見た目のどちらの面から見ても、なるべくならどちらかに合わせた方がよいでしょう。

まとめ

今回は、キッチンの高さについてその重要性を踏まえながら解説しました。

キッチンの高さを調整する意味を、実感していただけたのではないでしょうか。

キッチンは料理をとおして家族親子をつなぐ、大切な場所でもありますので、二世帯住宅で検討中の方は、よく話し合いをした上で、納得してからリフォームをしましょう

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076