水のコラム

トイレトラブルの原因はフロートバルブの不具合かも!原因を確かめてフロートバルブを交換しよう

2021年09月25日  トイレのトラブル

「トイレの水が止まらなくて水漏れしそう」「水が便器内に流れてこない」など、トイレのトラブルで困っている方もいるかもしれません。

トイレタンクの水のトラブルは、タンク内にある「フロートバルブ」という部品の不具合が原因の可能性があります。
トイレタンク内の部品は、自分で用意して交換できる場合もあり、このフロートバルブも交換可能です。

まずは、フロートバルブについて詳しい知識を身につけましょう。

「フロートバルブ」の役割

フロートバルブとは洗浄レバーと鎖で繋がっているゴム製の部品で、トイレタンクと便器の間にあります。
トイレタンクの“蓋”としての役割をしており、普段は排水口を塞ぎ便器に水が流れないようにしています。
洗浄レバーを回すと鎖に繋がったゴム玉が連動することで排水口の開閉をし、水を流したり止めたりすることができます。

最近のトイレだと、ゴム製ではなくプラスチック製のフロートバルブが使われていることがあります。
プラスチック製のものは、ゴムの代わりに中にパッキンが使われています。

フロートバルブの故障時の症状

フロートバルブが故障すると、「トイレの水がずっと流れ続ける」「洗浄レバーを回しても水が出ない」といった症状が起こります。

フロートバルブのゴム部分が劣化や破損している場合、タンクの排水口を塞ぐことができなくなるので、水が流れ続けてしまいます。
また、フロートバルブと繋がる鎖や洗浄レバーに不具合があると、蓋の役割をしているフロートバルブが動作しなくなり、水が流れなくなります。

水が止まらなくなる原因はフロートバルブだけではない

トイレタンクから流れる水が止まらなくなるのは、フロートバルブの故障だけが原因ではありません。
フロートバルブの故障以外では、次のような原因が考えられます。

原因1、ボールタップに取り付けられている浮き球が正常に動いていない。
原因2、浮き球と連動しているピストンバルブが正常に機能していない。
原因3、ピストンバルブの中に使われているシートパッキンが劣化や破損している。
原因4、洗浄レバーとフロートバルブを繋ぐ鎖が切れたり絡まったりしている。

原因を特定するにはトイレタンクの中を確認して、原因として考えられる部品に不具合や故障がないか調べましょう。

フロートバルブの故障かどうかを確認する

トラブルの原因がフロートバルブによるものなのか確認しましょう。

・フロートバルブを調べる前に行うこと
1.止水栓を閉めて水が出て来ないようにしましょう。
溝のあるタイプはマイナスドライバーを使って時計回りに回し、ハンドルタイプは手で回すと閉められます。

2.トイレタンクの蓋を持ち上げて取り外します。
トイレタンクに手洗い管が付いている場合は、先に手洗い管を外す必要があります。
手洗い管の種類によって外し方が異なるので、取扱説明書をよく読んで外しましょう。

3.洗浄レバーを回してタンク内の水を全て抜きます。
レバーを引いた後にすぐに戻らない場合は、レバーが故障している可能性があります。
また、レバーの軸が錆びていたり水垢が溜まっていたりすることで、レバーが動きにくくなっていることもあります。
 
 
・フロートの故障や不具合を調べましょう
1.ここからは、フロートバルブを確認します。
まずは、フロートバルブに付いている鎖を確認します。「鎖が切れていないか」「洗浄レバーから外れていないか」「鎖の長さが長すぎたり短すぎたりしていないか」について確認しましょう。

2.鎖が切れている場合は、鎖を新しいものに交換する必要があります。
外れている場合は、洗浄レバーに取り付け直すだけで改善します。

3.フロートバルブがトイレタンクの排水口にしっかりとはめ込まれているか確認しましょう。
確認方法は、手でゴム玉を排水口にはめて洗浄レバーを動かして、バルブが開閉できるか確かめます。
トイレタンクの水を全て抜いている状態なので、バケツに水を汲みタンクの中に少し入れておきましょう。

洗浄レバーを操作した時に問題なくバルブが開閉できれば良いですが、排水口に蓋ができない状態の場合はフロートバルブを新しいものに交換した方が良いでしょう。

4.フロートバルブが劣化していないかも確認しましょう。
劣化しているか調べるには、ゴム玉を指で直接触ってみましょう。
触ると指に黒い汚れのようなものが付く場合は劣化していると考えられます。

フロートバルブの寿命は約10年ですが、家族の人数が多く使用する回数が多い場合は約7~8年で劣化してしまう可能性もあります。

トイレタンク内の修理が不安な場合は専門業者に任せましょう

トイレの水のトラブルの多くはトイレタンク内の部品に原因があります。
タンク内の部品に不具合がある場合は、自分で修理したり部品を交換したりすることで問題を解消できます。

しかし、トイレタンク内には多くの部品が入っており、それらが複雑な構造で作動しているので、修理に慣れていないと難しく感じるかもしれません。少しでも不安に感じる場合は水道修理業者に任せましょう。

水のサポート徳島は、24時間年中無休、いつでも電話受付を行っております。
徳島市、阿南市、鳴門市、小松島市、吉野川市、阿波市など徳島県内ならどこへでも1時間以内に駆けつけます。
高い技術力と豊富な知識を備えたスタッフが迅速、丁寧に対応し確実に問題を解決します。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076