水のコラム

お風呂の換気扇にはホコリとカビが溜まりやすい!掃除しないとどうなるの?

2021年09月25日  お風呂のお掃除

換気扇を付けても「あまり換気されていない気がする」「換気扇から異音がする」「湿気が全然取れない」という場合は、換気扇に汚れが溜まっている可能性があります。

ただ、お風呂掃除はこまめにやっていても、換気扇はあまり掃除したことがない、掃除のやり方がわからないという方も多いでしょう。
しかし、換気扇を掃除せずに放っておくと、さまざまなトラブルが起きてしまいます。

そのトラブルを防ぐために、換気扇を定期的に掃除しましょう。
ここでは、換気扇を掃除する必要性を確認し、正しい掃除方法を紹介します。

換気扇にはホコリとカビがたっぷり

お風呂場の換気扇を掃除しないと、大量のホコリが溜まり換気扇内で詰まってしまいます。
そして、換気効率が低下したり、異音がしたりするようになります。

また、換気扇内に溜まったホコリや汚れはカビの栄養となり、カビの繁殖にも繋がります。
さらに、カビだらけになった換気扇のスイッチを入れて回すと、換気扇からカビが浴室中に飛び散ります。
考えただけでゾッとします。
浴室乾燥機を使っている場合は、特にカビが生えやすいようなので注意しましょう。

換気扇の汚れはさまざまなトラブルを引き起こす

換気扇を掃除しないとホコリが溜まりカビが発生するだけでなく、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

・お風呂が不衛生な状態になる
換気扇の中はホコリが溜まりやすいので、掃除をして取り除かないとどんどん溜まってしまいます。
そのうち換気扇からホコリが溢れ、目には見えなくても下に落ちてきます。

そして、お風呂場が汚れやすくなったり、雑菌が繁殖した状態で入浴していたり、気づかないうちにお風呂場がかなり不衛生な環境になってしまいます。
 
 
・電気代に影響する
換気扇が汚れていると、電気代が高くなることもあります。
お風呂場の湿気を取り除くために換気扇を24時間付けているご家庭も多いでしょう。

換気扇に汚れが溜まっていない状態なら、24時間つけっぱなしでも電気代に影響することはありません。
しかし、汚れが溜まった換気扇を毎日回し続けると、大きな出費になることもあります。
 
 
・浴室乾燥機で洗濯物がなかなか乾かない
浴室乾燥機があると、雨の日でもお風呂場で洗濯できて大変便利です。
しかし、「いつも通り使っているのになかなか乾かない」と感じる方も多いようです。
その場合、換気扇の中にホコリが溜まっていたりフィルターが汚れていたりしている可能性が高いです。

この状態のまま浴室乾燥機を使っていると、生乾きの洗濯物に雑菌が繁殖することもあります。
また、乾かすのに時間がかかるので、電気代やガス代が無駄にかかってしまいます。

換気扇を分解して掃除しましょう

掃除するには換気扇を分解して取り外す必要があります。
まずは、化粧パネルを下に引っ張り、化粧パネルと換気扇本体を繋げている針金を取り外します。

化粧パネルを外すと、中のファンが見えるようになるのでそれを取り外しますが、やり方がわからない場合は取扱説明書を見ながら行いましょう。

また、ファンが外れない場合は、無理に外そうとすると故障する可能性もあるので、そのまま掃除しましょう。
ファンに掃除機を当てながら、ファンに付いたホコリは割りばしでかき出して吸い取りましょう。

取り外した部品はスプレータイプの浴室用中性洗剤を使って掃除します。
次の手順で掃除していきましょう。

1部品にシャワーをかけて濡らします、洗剤を吹き付けます。

2.浴槽用スポンジや使い古した歯ブラシで、部品の隅々まで磨き洗いしましょう。

3.汚れがきれいに落ちたらシャワーをかけて、洗剤が残らないように十分に洗い流しましょう。

4.布巾で乾拭きをして乾燥させて、元に戻したら完了です。

カビがこびり付いている場合の掃除方法

カビがこびり付いて取れない場合は、重曹を使って掃除しましょう。

1.10Lのバケツの8割弱くらいに水を入れて、重曹を2カップ弱くらい加えて溶かし、重曹水を作ります。

2.取り外した部品を重曹水の中に入れてつけ置きし一晩放置します。

3.ゴム手袋を着用して部品を取り出して、スポンジでこすり洗いします。
頑固な汚れも軽くこするだけできれいに落ちます。

4.乾いた時に重曹が残らないように、しっかりと洗い流します。

5すすぎ終わったら、水分が残らないように十分に乾燥させてください。
タオルや雑巾で水分を拭き取り、新聞紙を広げてその上で乾かしましょう。

分解するのが難しい場合は専門業者に連絡

お風呂場の換気扇は天井に設置されていることが多いので、あまり掃除をしたことがない方も多いでしょう。
しかし、掃除せずに放っておくとホコリやカビが溜まり、それが浴室中に広がり不衛生な環境になってしまいます。
体をきれいにする場所のはずのお風呂場が、カビだらけの状態だったら気分が悪いでしょう。
そのため、お風呂場の換気扇も定期的に掃除することが大切です。

しかし、換気扇を掃除するには、換気扇を分解して中の部品を取り外す必要がありますが、自分で分解する自信のない人もいるでしょう。
無理に自分でやろうとして失敗してしまうこともあるので、分解作業が不安な場合は専門業者に任せましょう。

水のサポート徳島は徳島市を中心として阿南市や鳴門市など、徳島県内の水回りのトラブルに対応いたします。
24時間365日修理を受け付けており、経験豊富な優秀なスタッフが駆けつけますので、突然のトラブルも安心してご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076