水のコラム

トイレの水漏れはどこで起こる?水漏れ箇所とその原因

2021年09月12日  トイレの水漏れ

トイレの構造と水漏れの原因を知ろう

トイレは日常的に使われる水場の一つで、重要度の高い設備の一つです。
そのため、詰まりや悪臭などのトラブルが発生すると日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

トイレの構造を知り、どこでトラブルが発生するのかを知っておくことで、自身で対処を行う際も修理を依頼する際も迅速且つ正確な対応を行うことが可能です。

今回はトイレのトラブルの中でも水漏れに焦点を当て、その発生箇所と原因についてご紹介します。
水漏れは対処法を知っているかどうかでトラブルの初期対応が大きく変わってきます。
適切な知識を身に付け、トラブルの発生に備えましょう。

給水管やタンクが原因の水漏れ

トイレの水漏れ箇所の一つは、便器に水を流す前段階の給水管やタンクです。
特にタンクの中身は細かい部品が多いので、その種類と仕組みを知っておくことは水漏れ修理以外のメンテナンスにも役立ちます。

・給水管からの水漏れ
タンクへとつながる給水管から水漏れが発生している場合、その原因の多くはナットの緩みかパッキンの劣化です。
止水栓を閉めた上で、ナットの緩みの確認や、劣化したパッキンの交換を行うことで対処が可能です。

止水栓自体から水漏れが発生している場合は元栓を閉め、こちらもナットやパッキンの確認を行いましょう。
 
 
・タンクから外部への水漏れ
給水管とタンクの接続部から水が漏れている場合もパッキンの交換が必要です。
給水管はタンク内のボールタップという部品につながっているため、交換のためには一度こちらを取り外す必要があります。

水洗レバーから水が漏れている場合は、レバーを取り外してパッキンの交換を行います。
水洗レバーはタンク内部で鎖とゴムフロートに接続されているので、分解前に配置を覚えておきましょう。

タンクの蓋の隙間から水が漏れている場合は、タンク内部の排水口やオーバーフロー管に詰まりが発生し、ボールタップにも何らかのトラブルが発生している可能性があります。
タンク内部の清掃と部品点検を行いましょう。
 
 
・便器内に水が流れ続ける場合
レバーを動かしていないのに便器内に水が流れるタイプの水漏れは、タンクに何らかの問題が発生しています。
タンク内の排水口を塞ぐゴムフロートは劣化していないか、浮き玉は正しい位置にあるか、浮き球を上げた際に給水管から水は止まるか、オーバーフロー管は破損していないか、といった点を確認してみましょう。

それぞれゴムフロート、浮き玉、ボールタップ、オーバーフロー管の交換で対処が可能です。

便器が原因の水漏れ

便器そのものが原因で水漏れが発生するケースもあります。
この場合は家庭での対処が難しく、多くの場合は専門業者に修理や交換を依頼することになります。

・便器本体の破損
便器に強い衝撃を加えた場合、あるいは刺激の強い薬品や熱湯を流した場合、便器が破損して水漏れが発生することがあります。

便器からの水漏れは後述する床付近の水漏れとして認識されることも多いので、薄めた墨汁などの色がついた水を流し正確な水漏れ箇所を把握することが必要です。

便器の破損や劣化は防水テープやパテで一時的な補修は可能ですが、基本的には交換対応が必要です。
近年の便器はタンクレスのものやフチなしの掃除が楽なものが販売されています。
専門業者や施工業者と相談し、用途や予算に合わせて適切な便器を選びましょう。
 
 
・温水洗浄便座からの水漏れ
温水洗浄便座に水を送るために個別の止水栓や給水管がある場合も、水漏れ対処の方法はタンクの給水管と同様です。
給水フィルターや水抜き栓から水漏れが発生している場合は、内部のパッキンかフィルター部品そのものの交換を行います。
ノズルから水漏れが発生した場合、種類によって家庭での交換が可能かどうかは異なります。

便器の型番を確認し、交換品が存在するか、どのような作業を行えば良いのかを確認しておきましょう。
温水洗浄便座位のリモコン部分や本体の隙間から水漏れが発生した場合は内部の機械部品にトラブルが発生している可能性があります。
すぐにメーカーのユーザーサポートか専門業者に連絡し、対応を相談しましょう。

床の近くでの水漏れ

タンクや便器に問題がないのにトイレの床が濡れている、あるいは床下から水が滲み出ているという場合は、便器と排水管の接続部か排水管そのものにトラブルが発生しているかもしれません。

便器はフランジという部品とガスケットというパッキンで床の排水管に接続されていますが、これらが劣化していると便器のズレや水漏れが発生するのです。

フランジとガスケットの確認、交換を行うためには給水管やタンクを外して便器を動かす必要があるため、作業が難しそうな場合は専門業者に依頼することをおすすめします。

排水管が詰まりや劣化により破損して水漏れが発生していた場合、トイレ室内だけでなく床下や階下への水漏れが発生している可能性もあります。
家庭での対処できることは少ないので、すぐに専門業者や賃貸住宅の管理業者に連絡し対応を行いましょう。

トイレの水漏れでお困りの際は水のサポート徳島にお電話を

水のサポート徳島では、徳島市の他、阿南市、鳴門市、吉野川市、阿波市、三好市など徳島県全域でトイレやお風呂など水回りで発生したトラブルの解消に尽力しています。

お客さまからのお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
水漏れや詰まりなどでお困りの際は、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076