水のコラム

お風呂で発生する悪臭の種類とその対策

2021年09月12日  お風呂のトラブル

お風呂で悪臭を感じたら掃除が必要なサイン

多くの水を使い身体の清潔を保つために使われるお風呂は、さまざまな種類の汚れが発生しやすい場所です。
普段の清掃ですべての汚れを除去するのは難しいため、清潔な環境を保つためには定期的に本格なメンテナンスを行う必要があります。

しかし隠れた汚れは目につきにくく、掃除のタイミングを計りにくいのが問題です。
そんな際、汚れの指標として有効なのが悪臭です。

入浴中は多くのお湯を流すため悪臭を感じにくい事もありますが、お湯を張る前や普段の清掃の際に少しでも嫌な臭いを感じた時は、本格的に悪臭対策に取り組みましょう。
お風呂の悪臭の原因、汚れの種類はいくつかに分けられるので、それぞれの原因別に対処法をご紹介していきます。

皮脂汚れやピンクのぬめり

お風呂の扉を開けた際に汗や体臭のような不快な臭いを感じた場合は、身体から落とした皮脂汚れや、それを栄養分として繁殖した雑菌が発生している可能性があります。

比較的簡単に除去できる一方で清掃を怠っているとすぐに発生してしまうので注意が必要です。

・皮脂汚れや湯垢の対処法
浴槽や洗面器、洗い場の床などに付着した皮脂汚れは弱酸性の汚れです。
中性洗剤でも掃除は可能ですが、しつこい汚れに対してはアルカリ性の物質が有効です。

水に溶かした重曹を汚れの箇所に散布する、ペースト状にした重曹をスポンジに塗り込んで掃除を行う、といった方法が皮脂汚れの掃除には役に立ちます。

水垢と皮脂汚れや石鹸のカスが組み合わさって発生した湯垢も酸性の汚れですが、こちらは浴槽の壁などに固く張り付いている可能性があります。
この場合は重曹の粉を直接振りかけ、研磨剤のように使うことで効率的な掃除が可能です。
 
 
・ピンクのぬめりの対処法
お風呂に多く見られるピンク色のぬめりは、汚れを栄養分として繁殖したロドトルラという酵母菌の一種です。
黒カビと違い深く根を張っていないため中性洗剤とスポンジなどで簡単に除去可能ですが、菌がまだ残っていた場合はすぐに再発してしまいます。
ぬめりを除去した後に改めて塩素系の漂白剤やエタノールを使って殺菌を行いましょう。
 
 
・汚れを残さないために
入浴後に壁や床を熱めのお湯で流すことで、皮脂汚れの残留をある程度防ぐことが可能です。
その後にもう一度冷たい水で洗い流し、水気を拭き取れば、温度や湿気を原因とする雑菌の繁殖も予防できます。

また、水道水のミネラル分が残留した水垢も、湯垢などのしつこい汚れの原因となります。
クエン酸など酸性の物質で簡単に掃除が可能なので、こまめに掃除を行いましょう。

換気扇やゴムパッキンの黒カビ

黒カビは比較的目立ちやすい汚れですが、掃除のためにはある程度の準備が必要です。
カビ臭さが気になるような段階では健康被害に発展する恐れもあるので、早めに対処を行いましょう。

深く根を張った黒カビは通常の洗剤では除去ができないので、カビ取り専用の洗剤を使います。
壁のパッキンなど洗剤が流れ落ちやすい場所はトイレットットペーパーを貼り付けてから洗剤を染み込ませ、その上をラップで覆うといった工夫を行いましょう。

換気扇のカバーや羽部分は可能であれば取り外し、こちらもカビ取り用洗剤を使って掃除を行います。
天井のカビや、換気扇のカバー内のカビを掃除する際は、トイレットペーパーやラップを用いて液垂れを防ぎましょう。

洗剤をつけた箇所の真下にいると皮膚や髪の毛に洗剤が付く恐れがあるので、長めのブラシなどを用意しておくことで安全に清掃が可能です。

配管から発生する悪臭

生臭い臭いや下水のような臭いは目に見えない配管内部に原因があるというケースが多く見られます。
お風呂場の構造によっても原因は異なってくるので、適切な清掃を行いましょう。

・排水口や排水管が汚れているケース
排水口のゴム栓やプッシュ式水栓が汚れている場合、ヘアキャッチャーにゴミがたまっている場合、排水管内部が汚れている場合はお風呂場内に悪臭が発生することがあります。

普段の清掃の一環として水栓の清掃やゴミの回収、パイプクリーナーを用いた排水管の清掃を行いましょう。
 
 
・排水トラップに問題が有るケース
洗い場の排水口に設置されていることの多い排水トラップが破損している場合、下水管の臭いが直接上ってきてしまう可能性があります。
内部の清掃も兼ねて、定期的にトラップ部分の点検を行うと良いでしょう。
 
 
・追い焚き配管が汚れているケース
追い焚きが可能な浴槽では追い焚き配管内部に汚れがたまっている可能性があります。
二つ穴式のものは配管内にホースで水を流すことである程度の清掃も可能ですが、穴が一つのものや汚れを落としきれない場合は市販の追い焚き配管用洗浄剤や、道具を使うことをおすすめします。

お風呂の臭いでお困りの際は水のサポート徳島にお電話を

水のサポート徳島では、徳島市の他、阿南市、鳴門市、吉野川市、阿波市、美馬市など徳島県全域でお風呂をはじめとした水回りのトラブルの解消に尽力しています。

お客さまからお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
お風呂の臭いやカビでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076