水のコラム

洗面所の排水溝で水漏れしている場合自力で直すことは可能か

2021年09月12日  洗面所の水漏れ

家庭の水道トラブルはお風呂・トイレ・キッチンなどあらゆるところで起きる可能性があります。
意外に多いのが洗面所の水道トラブルで、洗顔や歯磨きのために使おうとした際に詰まり・水漏れにでくわし困ってしまうことが珍しくありません。

洗面所の水道設備はシンプルなのでどこで水漏れ・詰まりが起きているか特定しやすいのですが、場所によってその対処法は異なります。
どの程度の水漏れならばDIYで修理対応可能か、水漏れの原因・箇所とともにまとめました。

洗面所で水漏れしている場合の原因

洗面所で水漏れが起きる場合の原因は、蛇口・排水口・排水パイプ・ハンドシャワーなどが考えられます。
こういった箇所の水漏れであれば、小規模の場合は自力で修理することも不可能ではありません。
特別な工具も必要なく、レンチやドライバーがありDIY経験のある方なら修理できる可能性が高いでしょう。

排水回りの水漏れや排水の逆流は、掃除が行き届いていない場合の起こる可能性もあります。
洗顔などで落ちた髪の毛や皮脂などが溜まり、詰まりを起こしているケースです。

しかし掃除していれば決して詰まり・水漏れが起きないというわけではありません。
部品が老朽化する可能性がありますし、何かを洗面台に落として傷をつけてしまったために水漏れしてしまうことも十分考えられます。

排水口やハンドシャワーの修理・交換

排水口の場合、小さなパッキンなどの部品が劣化するとチョロチョロと小規模な水漏れが起きることがありますがパッキンなどはホームセンターなどで入手可能です。

ハンドシャワー・蛇口といった洗面台周りの部品も同様で、お住まいの設備としっかり接続できる規格のものを選べば一般の方でも交換できます。

実は蛇口も節水機能付きのものなど、便利なものがたくさん販売されています。
蛇口・水栓を操作していて緩い・きちんと水を止めにくくなったなどの不便を感じた際は交換するのも手です。
水栓丸ごと交換するのも、特別な構造の洗面台でなければDIYで対応できることが多いので検討してはいかがでしょうか。

排水パイプ・排水管の劣化・破損は要注意

洗面所の水漏れのうち、特に厄介なのは排水パイプ・排水管で起きている劣化や破損です。
排水パイプの場合は目に見える範囲なので、傷が小さければテープやコーキングなどの手段で傷を自力でふさぐこともできます。

しかし排水管は居住スペースの下にもつながっており、手の届かない場所で破損していた場合には手に負えません。
また、居住スペース外の水道管破損は床下などに深刻なダメージをもたらす可能性も考えられます。

集合住宅の場合はお住まいの部屋以外にも迷惑をかけるおそれがあるため、さらに早急な修理・対応が求められることは間違いありません。

集合住宅で排水回りの水漏れがあり、床が水浸しになるほどの被害が出ている時は大家さん・管理会社の担当者に連絡することをおすすめします。
早いうちに対処することで、近所トラブルなどを予防しましょう。

修理業者に依頼したほうが安全確実

洗面所に限らず、水道トラブルが起きた時は基本的に水道修理専門業者に連絡したほうが確実です。
目に見える範囲では小さな水漏れと思っていても、実は故障箇所が一箇所ではない可能性も否めません。

水道修理業者に連絡すると、専門スタッフの方が自宅に駆け付けてくれ水漏れ・詰まりなどトラブル箇所の診断をしてくれます。
その上で必要な修理は何か、どのくらいの費用がかかるか説明してくれるので安心です。

素人の修理ではかえって被害を大きくしてしまったりする可能性がありますが、専門スタッフの技術力でトラブルが再発しない安心孤児をしてもらえるのも大きなメリットと言えます。

また、実は水道修理の費用は決して高額なものではありません。
人件費・車両費・部品代などで1万円ほどの費用がかかってしまいますが、自分で部品を購入して作業することを考えると住宅設備の工事としてはかなりリーズナブルです。

給排水管の破損修理・交換となるとかなり大規模な作業を要するため1万円前後での修理は難しいですが、水道修理業者に寄せられる依頼の多くは即日・低料金で解決しています。

水道修理業者は24時間・365日電話受付・修理対応可能な迅速さを売りにしているところも少なくありません。
夜中に急にトイレや洗面所などが使えない・蛇口を締めても水が止まらないなど困ってしまった時でも電話後すぐ自宅に来てくれるので非常に頼りになります。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076