電話して相談する

水のコラム

トイレで水漏れが発生した時の対処法

2021年07月22日  トイレの水漏れ

便器から水漏れが発生したらまず行うべきこと

トイレに行ったら便器から水が漏れていて、どうすればいいかわからず困惑してしまったという経験はないでしょうか。トイレで水漏れが発生する可能性がある原因は複数考えられますが、まずはこれ以上の水漏れを防ぐために止水栓を閉めましょう。

止水栓は壁や床からタンクにつながっている給水管に搭載されており、開いたままだと常に給水が行われて水漏れし続けてしまいます。止水栓はマイナスドライバーを使って閉められますが、閉める際にどれだけ回したかを覚えておきましょう。修理が完了したら再び止水栓を開きますが、その際に修理前と同じ開き具合に戻すためです。

止水栓を閉めて給水を止めたら、濡れてしまった床をタオルや雑巾を使って拭き取ってください。きれいに拭き取ったらタオルや新聞紙を敷き詰めて、修理の最中に再び水が漏れても床が濡れないようにしましょう。床を濡れたまま放置していると、最悪の場合床材が腐ってしまい張り替えが必要になってしまいます。多額の費用と時間がかかってしまうので、決して床を濡れたまま放置しないでください。

便器に傷がないか確認

便器から水が漏れている場合は、タンクなどにヒビや破損した箇所がないか確認してください。万が一ヒビや破損が見つかりそこから水が漏れている場合は、一時的に補修用テープで塞いで水漏れを止めましょう。

しかし、これはあくまで応急的な処置です。放っておくと悪化することも十分考えられるので、なるべく早めに便器を丸ごと交換してください。便器の交換は専門の業者に依頼しましょう。

タンク表面の結露が原因の場合

トイレの床が濡れているのは、タンクの表面に結露が大量発生し床にポタポタと滴っていることが原因の場合もあります。この場合は特に便器に不具合があるわけではなく、トイレ内の温度と湿度によるものです。窓がある場合は一定時間開けておいて、換気扇を回してトイレ内を換気させることで解消します。

便器の中で水が漏れている場合

通常水を流した後は一定量が流れると自動的に止まりますが、いつまでも便器内に水が流れ続け、タンク内で給水し続けているという水漏れのパターンもあります。この場合はフロートバルブが正常に作動していない可能性が高いです。

フロートバルブとはタンクの内部でレバーと鎖でつながっているゴム製のバルブで、便器内につながっている排水口の栓として設置されている部品です。水を流す際にレバーを引くと、フロートバルブが浮くことで便器内にタンクの水が流れるという仕組みになります。一定量の水が流れると自動的にフロートバルブが排水口を塞いで水が止まりますが、フロートバルブに劣化や破損が発生しているとうまく塞げずに隙間から水が流れ続けてしまいます。

この場合は新品のフロートバルブと交換することで解消可能です。交換する際は止水栓を閉めた状態でレバーを引き、タンク内を空にします。その後フロートバルブをレバーとつながっている鎖から取り外し、排水口から取り除きます。新品のフロートバルブと鎖をつなげ直して、排水口に設置すれば修理完了です。止水栓を開けて水漏れが止まったか確認してください。

便器と床の間から水が漏れている場合

便器と床の間から水漏れが発生している場合は、床下を通っている排水管にヒビが入るなどのトラブルが発生している可能性が高いです。床下を通っているのはトイレの排水管だけではないため、トイレには直接関係のない排水管が原因の可能性もあります。

また、便器を取り外すなどの修理をしたことがきっかけで水漏れが発生した場合は、便器自体の設置不良の可能性が高いです。どちらにせよ便器を丸ごと分解するなどの大掛かりな作業が必要になるため、専門の業者に依頼しましょう。自分で修理しようとすると、かえって現状よりも悪化させてしまうかもしれません。

ウォシュレットが原因の水漏れの場合

温水便座を搭載している便器の場合は、ウォシュレットへの給水パイプの接続部で水漏れが発生し、その水が便器を伝って床を濡らしている可能性も考えられます。この場合は給水パイプの接続不良やパッキンの劣化が主な原因として考えられます。その場合はナットの締め直しと、パッキンを交換して様子を見てください。

また、フィルターを搭載している場合は、フィルターに汚れが溜まって目が詰まっていることも考えられます。この場合はフィルターをブラシなどで擦って、汚れを落とすことで解消します。

ウォシュレット付きの便座の分解方法はメーカーや型番によって異なるため、自分で修理をする場合は取り扱い説明書をよく読みながら作業を行ってください。自分で作業することに不安を感じる方は、専門の修理業者に連絡して修理を依頼しましょう。

水のサポート徳島にお問い合わせください

水のサポート徳島では、徳島市の他、鳴門市、阿南市、板野郡藍住町、名西郡石井町など徳島県全域でトイレをはじめとした水まわりのお悩み相談をお待ちしています。トイレの水漏れや便器の交換作業以外でも、キッチンや洗面所のつまりや汚れ、お風呂場のカビなどでお困りの方はぜひ当社にご連絡ください。急なトラブルでも電話一本で駆け付けて、状況に応じて必要な対処をいたします。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076