電話して相談する

水のコラム

シャワーで水漏れ?修理・交換の対応方法はどうしたらいいの?

2021年07月12日  シャワーの水漏れ

シャワー周辺からポタポタと水が垂れていたとき、そのままにしておくと水道代が無駄になってしまいます。少量だからと放置せず、見つけたらすぐ対応を行いましょう。自力での対応が難しいようであれば、無理せず水道修理業者へ依頼しましょう。

原因を探る

シャワーはいくつものパーツからなっており、水漏れする場所によって原因が違います。原因によって修理やパーツ交換が必要になりますので、正しく把握し対処をしてください。シャワーヘッドやヘッドとホースの間、シャワー水栓からなど、どこから水が漏れているのか確かめましょう。

シャワーヘッドからポタポタと水が垂れている

シャワーヘッドから水が漏れてきている場合、単純にシャワーヘッドの中に水が残ってしまっていることが考えられます。シャワーヘッドを上向きにしてみて、それでも水が漏れてくるかどうかを確かめてください。

水が漏れてくる場合は、ほかの部分のパーツが故障していることにより、水が止まらなくなってしまっています。また、シャワーヘッドにヒビが入っている可能性もありますので、その場合はシャワーヘッドを交換しましょう。シャワーのタイプによって交換するパーツや手順が少し違います。

・2ハンドル混合水栓
ここから水漏れしているとき、ケレップもしくは切り換え弁に不具合があるかもしれません。ケレップが劣化している場合は、吐水口側にレバーを捻ったときに吐水口からも水が漏れるため、そこでどちらが原因か確認しましょう。ケレップはコマパッキンや推薦パッキンとも呼ばれ、蛇口の品番などでいくつか種類があります。品番は取り扱い説明書、もしくはメーカーさえ分かればその公式ホームページで確認が可能です。

はじめにケレップの簡単な交換方法をご説明します。ウォーターポンププライヤーとプラスドライバーを用意しましょう。お風呂場につながっている止水栓を閉めてから作業をはじめてください。ハンドルを固定しているビスを外すため、キャップとネジを取り外します。ハンドルを取り外したらナットをモンキーレンチで緩め、スピンドルを取り外してください。その下にケレップがありますので、ピンセットなどで交換しましょう。

交換が終わったら逆の手順で組み立てていきます。ナットを締めすぎるとハンドルが固くなることがありますので、気をつけましょう。取り付けが終わったら止水栓を開いて水を流し、水が漏れていないかどうかを確認してください。

・サーモスタット混合水栓
サーモスタットのハンドル内の切り換え弁が故障している可能性があります。マイナスドライバーを使って、両方の止水栓を閉めてから作業をはじめましょう。シャワーとカランの切り換えをするほうのノブをマイナスドライバーなどで外し、切り換え表示がある部品も取ります。

ナットがあるため、それを回して取り外してください。そのあとスペーサーと内部の開閉バルブを引き抜き新しいものと交換して、逆の手順で取り付けて終了です。部品はメーカーのホームページや取り扱い説明書などから、型番を特定して購入してください。プライヤーがあると一連の作業が楽にできます。

シャワーヘッドとホースの付け根からの水漏れ

この部分にはOリングとUパッキンというパーツがあります。ここから水漏れしている場合はこれらが劣化しているかもしれません。大きさを確認し、ホームセンターなどで購入しましょう。

・交換方法
止水栓を閉めたらホースを支えながらシャワーヘッドを回して取り外してください。するとOリングはシャワーヘッド側に、Uパッキンはホース側に付いていることが確認できるでしょう。Oリングはそのまま交換します。Uパッキンはホースのつなぎ目を下にしてからパーツを交換します。マイナスドライバーなどを使ってパッキンを外し、くぼんでいるほうが上になる正しい向きでパーツを取り付け、シャワーヘッドを戻して終了です。シャワーから水を出し、水漏れがないかを確認してください。

シャワー水栓と壁の間から水漏れ

この部分をクランクと呼びます。ここからの水漏れはクランクパッキンを交換する、もしくはシールテープを巻きなおすことで解決できるかもしれません。クランクパッキンはシャワー水栓本体を取り外すことで、壁から出るクランク管に付いているパッキンを交換できます。

シールテープを巻きなおすのは少しコツが必要です。テープを巻きたい部分を掃除し、端から2つ目のネジ山にテープを合わせてから、時計回りに巻いていきましょう。5、6回巻いたら指で馴染ませて終了です。途中で剥がれてしまい、シワが付いてしまうようであれば巻きなおすことをおすすめします。丁寧に巻いて水漏れを防いでください。

水道修理は水のサポート徳島へお電話ください

水のサポート徳島では、徳島市のほか、鳴門市、小松島市、三好市、板野郡藍住町など徳島県全域でキッチンをはじめとした水回りのトラブルの解消に尽力しています。お客さまからのお電話一本でスタッフが現場に駆けつけ、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れや詰まりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076