電話して相談する

水のコラム

トイレが詰まる原因と自分で直す方法

2021年06月20日  トイレのトラブル

トイレが突然詰まると、大変困ります。しかし、トイレの詰まりは、原因によっては自分で直せることもあります。
専門業者に依頼すると高い修理費用を取られるので、できるだけ自分で直したいものです。
しかし、「どうやって直すかわからない」という方も多いでしょう。
ここでは、トイレが詰まる原因と自分でできる修理方法を紹介します。

トイレが詰まる主な原因

トイレを詰まらせている原因の物質によって修理方法が異なります。
まずは、原因物質別に詰まりの仕組みを見ていきましょう。

・水に流せる物(トイレットペーパーや排泄物)
トイレットペーパーや排泄物など、水に流したものが詰まる場合があります。
それは、「一度に大量に流して排水路に引っかかった」ということが原因です。
この場合、トイレットペーパーや排泄物は、元々水に溶けるものなので、素人でも詰まりを解消できる可能性があります。

・おむつや生理用品
おむつや生理用品などは、水分を含んで膨張する性質があります。
これらをトイレに流すと、排水管や排水路などトイレの奥で詰まってしまいます。
トイレの詰まりというとラバーカップを使おうとする人もいると思いますが、状況が悪化することもあるので専門業者に連絡しましょう。

・おもちゃやメガネ
子供が落としたプラスチック製のおもちゃやメガネなど水に溶けない固形物をトイレに落とすと、便器の奥で詰まったり、固形物にトイレットペーパーや排泄物が引っかかったりして詰まることがあります。
また、小さな固形物を落とした場合は、の方まで流されてしまうこともあります。

自分で詰まりを直す方法

自分でトイレの詰まりを直す方法を紹介します。
ただし、ここで紹介するのは“水に溶けるもの”が詰まった場合です。まずは、家にあるものを使って詰まりを解消する方法です。

・お湯を使う方法
元々トイレに流すことができるトイレットペーパーや排泄物などの詰まりは、お湯だけで解消できることもあります。

1.便器の中の汚水を、バケツへくみ出します。

2.45~50度程度のお湯を少し高い位置から便器の中へゆっくりと注ぎます。
この時、熱湯を使うと便器が破損する恐れがあるので気をつけてください。

3.1時間程度そのまま放置して、詰まったものをふやかして溶かします。

4.最後に、バケツから水を便器内に流していき、問題なく流れるか確認してください。

・天然由来成分を使う方法
天然由来成分の「重曹」と「クエン酸」(お酢)を反応させて詰まりを取る方法もあります。
強い薬品を使いたくない場合におすすめです。

1.汚水で便器の水位が高くなっている場合は、バケツへくみ出しておきます。

2.カップ1/4の重曹をトイレの中に入れて、次にクエン酸(お酢)を100ml入れます。

3.45度くらいのお湯をかけると泡が出てくるので、その状態で1時間程度放置します。

4.1時間くらい経ったら、バケツに水を入れて高い位置から水を少しずつ流していきます。
水がスムーズに流れていくか確認してください。

修理道具を使って詰まりを解消する方法

家にラバーカップがある場合は、ラバーカップを使うと効率よく詰まりを直すことができます。
ただし、ラバーカップは正しく使わないと十分に効果を発揮できないので、ここでしっかり使い方を確認してください。

・ラバーカップの正しい使い方
1.便器の上部まで汚水が上がっている場合は、紙コップや給油ポンプなどで汚水をくみ出しておきます。

2.ビニール袋の真ん中に穴をあけて、その穴にラバーカップを通しておき、ラバーカップを引いた時に便器の汚水が飛び散らないようにしておきます。

3.ラバーカップを便器内の排水口部分にゆっくりと押し込んでしっかりと密着させます。

4.ぎゅっと密着させたら、思いっきり引っ張ってください。
押し込む・引っ張るという作業を数回繰り返すことで、詰まりが徐々に取れてきます。

5.詰まり取れたら、バケツに水を入れて便器の中に少しずつ流していき、スムーズに流れていけば完了です。

・より効果的な真空式パイプクリーナー
ラバーカップを使っても詰まりが解消されない場合は、詰まりを引っ張る力がラバーカップよりも強い真空式パイプクリーナーを使うと良いです。

1.真空式パイプクリーナーを隙間ができないように排水口にしっかりと押し付けます。

2.レバーを上下に動かして吸引力を高め一気に引き上げます。

3.1回で詰まりが解消する場合もありますが、複数回繰り返すことで解消できる場合もあります。

4.詰まりが取れたら、きちんと流れるか確かめるために、バケツに入れた水を便器内に少しずつ流していきましょう。

固形物が詰まった時の対処法は?

トイレに固形物を流して詰まらせてしまった場合は、手で取り出すしか方法はありません。
今回紹介してきた対処法は、詰まりを水に溶かしたり、修理道具で引っ張り出したりするための方法です。

そのため、排水管や排水路に詰まった固形物を取り出すことはできません。
水に溶けないものや固形物が詰まった場合は、便器の中に手を入れて取り出すしかありません。
手の届かない部分で詰まっている場合は、自分で修理するのは難しいので、できるだけ早く水道修理業者に連絡しましょう。

自分で直せない場合水道修理業者に連絡

トイレが詰まった場合に、自分でできる修理方法を紹介しました。
トイレが急に詰まって水があふれそうになると慌ててしまいますが、詰まりの原因が水に溶けるものである場合は、自分で解決できることも多いです。

しかし、水に溶けない固形物を落として排水路の奥まで流れていってしまった場合、自分で取り出すのは困難なのでプロに任せましょう。

徳島市や鳴門市、阿南市などの徳島県全域の水道トラブルに対応している水のサポート徳島は、24時間365日修理の受付を行っています。
トイレが詰まってトイレが使えなくなってしまった場合は、今すぐ助けてもらいたいですよね?
優れた技術と知識を備えたスタッフがお客様のもとへ駆けつけますので、困った時はすぐに水のサポート徳島へご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076