電話して相談する

水のコラム

トイレがつまってしまった!対処方法をご紹介!

2021年06月06日  トイレのトラブル

トイレがつまった原因を探る

トイレがつまる原因はさまざまです。
例を挙げると携帯電話、スマホ、ティッシュペーパー、生理用ナプキン、眼鏡、おもちゃ、おむつ、おしり拭き、ペットシート、ペットのトイレ砂、ハンカチ、消臭剤のキャップ、ライターなど、トイレに流してはいけないものが誤って流れてしまう可能性もあります。

また、トイレットペーパーやおしり拭きなど、トイレに流せるものでも一気に流すことで詰まってしまうことがあるのです。

そして、生理用ナプキンやおむつ、尿取りパッドなどは水を吸うと大きく膨らみます。
これを放置してしまうと、トイレの奥にある排水管で詰まってしまい、配管にヒビが入ってしまうかもしれません。
修理をする対象がつまりだけでなく配管の交換をもすることになり、かかる時間や費用が膨れ上がってしまいます。

あまり知られていませんが、食べ残しや嘔吐物を流すこともつまりが発生する原因です。
食べ物には油が含まれています。
その油が冷えて固まることで、配管にこびり付いてつまってしまうのです。
原因が分からない場合は無理に水を流さず、速やかに業者に修理を依頼してください。

トイレのつまりを解消する前に

・手で取り出してみる
原因が分かっていて、それが見えている場合、ゴム手袋をはめて手で取り出しましょう。
細菌が付く可能性があるので素手で行わないようにしてください。

つまりの原因に触れたら、それを軽く引っ張ってみて簡単に動くときにはそのまま取り出します。
手洗いや消毒をして、異物の片づけをして終了です。
仮に引っかかりがある場合、無理に引き出すと便器が破損する恐れがあるため、業者に連絡しましょう。
 
 
・水を止める
業者に依頼する場合や自力で対処をする場合は水を止めると作業がスムーズに行えます。
水を止めるには、タンクにつながる給水栓に付いている止水栓を閉めてください。
また、トイレのみの止水栓が見つからない場合、家全体の止水栓を止めます。

ラバーカップを使う

トイレの奥で、トイレットペーパーや流せるタイプのお掃除シートつまっているときにはラバーカップを使いましょう。
ラバーカップはスッポンとも呼ばれているもので、大きく分けると3種類あります。
洋式トイレ用と和式トイレ用と排水溝用で、それぞれ形が違うため、購入時は間違わないようにしてください。

・使用前の準備
トイレの床や便器をビニールシートなどで覆いましょう。
便器の水が飛び散ったときに、自分や床に飛び散ることを防げます。
便器を覆うときにはラバーカップを先に便器に用意しておき、その後の柄が通るくらいの穴を開けてください。
その後便器全体をビニールシートやビニール袋で包みましょう。
もし床などが濡れた場合はそのままにせず、乾拭きしてエタノールで2度拭きしましょう。
 
 
・つまりを取り除く
ラバーカップは水が足りないと効果が薄れてしまうため、便器に水が溜まっているかを確認しましょう。
水の量はカップが隠れるくらいが理想です。

その後、便器の中にゆっくりとラバーカップを押し込んで、真空状態を作ってから勢いよく引っ張りましょう。
この作業を行ってゴポゴポと音が聞こえるか、水が流れているようであれば成功です。

1回で解決しなくても焦らず何度か繰り返します。
ゆっくり押さずに勢いよく押してしまうと、詰まりが悪化するかもしれません。
もしこの作業中に異物が出てきた場合、速やかに取り除きましょう。

その後、勢いよく水を流して水位が上がらないかを確かめます。
それで異音がせず、水が流れていれば止水栓を開けてください。
便器にかけたカバーや床に敷いたシートを回収し、床の清掃やラバーカップのお手入れをして終了です。

バケツ等で勢いよく流しても水位が変わらないようであれば、まだ原因が残っています。
足した水を減らし、またラバーカップを引いてください。

トイレに流してはいけないものが詰まっている場合

・やってはいけないこと
まず、つまっているときに無理やり水を流してはいけません。
トイレや配管に水が溢れたり水漏れしたりして、逆に大きなトラブルを招く可能性があります。

また、熱湯や強い薬剤を流しても、トイレが破損や故障してしまうかもしれません。
無理に自分で直そうとせず、速やかに水道業者に連絡しましょう。
 
 
・業者へ連絡する
固形物が取り出せないときやラバーカップでつまりが解消できなかった場合は、速やかに業者へ連絡しましょう。
急いでいる場合も多いと思いますが、3社程度の見積もりをとり、説明に納得できた信頼のできる業者へ依頼してください。
インターネットで探し、施工実績があり、口コミが良い業者を選ぶと安心です。

水道修理は水のサポート徳島へお電話ください

水のサポート徳島では、徳島市の他、阿波市、吉野川市、鳴門市など愛媛県全域でキッチンをはじめとした水まわりのトラブルの解消に尽力しています。

お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076