水のコラム

トイレの便器から水が漏れている!原因や対処方法とは

2021年04月24日  トイレの水漏れ

トイレの便器から水が漏れている

トイレの便器付近に水が溜まっていたら、便器から水が漏れたのでは?とびっくりしてしまうものです。
トイレの便器付近に水が溜まっている場合は、まずは慌てずにタオルなどで水を拭き取ってください。
便器周辺の水漏れにはいくつかの原因がありますので、まずは水漏れが起きている箇所を特定しましょう。

ただし水漏れが酷い時は、止水栓を閉めて至急水回り業者に連絡してください。
特にマンションにお住まいの方は下の階に被害が及びますので注意が必要です。

トイレタンクが原因の場合

タンクから便器に勢いよく水が流れ続けている場合、便器から水が飛び散って床が濡れてしまうことがあります。
まずはレバーが水を流す状態で固定されていないか確かめてみてください。

レバーに異常がない場合は、タンクの内部を確認します。
タンクの水位を確認してみて、いつもよりタンクの水が多い場合は、ボールタップの不具合が考えられます。
ボールタップの劣化や故障が考えられるでしょう。
ボールタップは、上下して水栓を開け閉めする役割を担っています。
このボールタップが劣化していると、水位の調節ができなくなり水漏れを起こしてしまう恐れがあります。
ボールタップはホームセンターやネットで買うことができ、自分で交換することが可能です。

逆にいつもより水位が低い場合は、フロートバブルの不具合を疑いましょう。
フロートバブルも自分で交換できます。
水漏れとまでいかなくても、チョロチョロと便器に流れて止まらない場合は、水道代が高くなりますので、初期段階で対処するのをおすすめします。

結露
トイレの便器やタンク、配管などが結露している場合、水が滴れて床に水が溜まってしまいます。
便器の下側や裏側の配管などは、普段はあまり見ることのない場所ですが、トイレ掃除の際にこまめにチェックして水滴を拭きましょう。
また、配管の結露には結露防止テープを巻くにもおすすめです。
ホームセンターやネットで、1,000円以内で購入できます。

結露が原因だと水漏れというわけではないので、業者に依頼する必要はありませんが、結露を放っておくと、カビが発生してしまいますので注意が必要です。
結露によるカビは、壁や、便器と床の隙間などに発生します。
また、床材が剥がれてくる恐れもあります。
結露を発見したら、こまめに対処しましょう。
 
 
便器のヒビ
トイレは、陶器という素材で作られていることがほとんどです。
陶器はもともと強度が高く、経年劣化しづらい素材なので、トイレには最適と言われています。
経年劣化でヒビが入ることはほとんどないのですが、物をぶつけて、無理な力が加わるとヒビが入ってしまうことがあります。
また熱湯などの熱にも弱いので注意が必要です。
トイレットペーパーの詰まり解消にはお湯を流すのが効果的ですが、その際に熱湯を流すと便器が割れてしまいます。
便器の割れは水漏れの原因となるので、取り扱いには注意しましょう。
 
 
配管から漏れている
トイレのタンクや便器自体に異常がない場合は、配管から漏れている場合があります。
配管の接続部分のナットが緩んでパッキンが劣化していないかチェックしてみてください。
ナットを締め直しても水がポタポタ落ちてくるようであれば、配管内部のパッキンが劣化している可能性があります。
止水栓を閉めてナットを外して確認してみましょう。

また、床から水が滲み出ているような場合は、床下の配管が原因の場合があります。
その場合は自分で原因を突き止めることも、修理することも難しいので専門業者に依頼しましょう。
 
 
ウォシュレットの故障
ウォシュレットの故障によっても水漏れが起きてしまいます。
ウォシュレットは配管のつなぎ目や、水抜栓から水漏れが起きやすいです。
まずは配管部分が緩んでいないか、中のパッキンが劣化していないかなどをチェックしてみてください。

便器周りの水漏れが起こったら?

便器周りの水漏れは、便器のヒビや結露、配管の劣化などさまざまな原因が考えられます。
放置しておくと症状が悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。

特に床が水浸しになるほどの場合は特に注意してください。
マンションであれば、下層階に被害が及ぶ可能性があり、多額の賠償金が発生するケースも考えられます。
保険に加入している場合は、保証範囲などをチェックしておきましょう。
また、そのような場合はすみやかに止水栓を閉めて応急処置をする必要があります。

水まわりのお困りごとは水のサポート徳島へご相談ください!

原因がわからないや自分で直せない場合は、水のサポート徳島にお気軽にご連絡ください。
夜中であっても24時間365日対応していますので安心です。

水のサポート徳島では、徳島市、鳴門市、阿南市をはじめとした徳島県全域をサポートしています。
電話一本で、経験豊富なスタッフがすぐに駆け付け迅速に対応いたします。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076