電話して相談する

水のコラム

トイレの水漏れは緊急事態!修理・交換を迅速に

2021年03月29日  トイレの水漏れ

トイレの水漏れ
トイレの排水管から水漏れが起きたら一大事。すぐにでも解決したい事態です。
衛生面の問題も心配ですし、早急な対応が必要でしょう。
考えられるのは詰まりや故障です。
水漏れの原因を突き止めて、できるだけ早く問題を解消しましょう。

排水管から水漏れする原因とは

トイレの排水管から水漏れがするときには、詰まりや部品の劣化が考えられます。
自分で応急処置ができるケースもありますので、慌てずに対処しましょう。

1.詰まり
排水管が詰まっていると、流した水が逆流して水漏れに繋がります。
タンク式のトイレは水を流したあと、再度便器の中に水が溜まるのですが、その水位が妙に高いと感じたことはありませんか?
時間が経てば通常の水位に戻るとしても、それは既に詰まりかけている証明です。
その時点で対処しなかったため、結果として詰まりが発生し、水漏れに繋がってしまったのだと考えられます。

もし詰まりが原因だと推測できるのなら、詰まり解消ができるラバーカップを使ってみましょう。
床に水が飛び跳ねないように新聞紙・チラシなどで覆ってから、ラバーカップを便器の排水口に差し、数度上下させます。
排水口の近くにある異物が詰まりの原因なら、これで異物が除去できるケースがほとんどです。
しかし、とれないという状況であれば異物が排水管の奥に入ってしまっている可能性があります。
こうなると自分では中々対応できません。
修理業者に頼んで、速やかに解決してもらうと良いでしょう。

2.部品の劣化の可能性
トイレでは色々な部品で構成されています。便器そのものやタンク内、排水管へ繋がる場所など、想像している以上に多種類の部品が使われているのです。
その中には経年劣化を起こす消耗品もあり、使用年数によっては水漏れに繋がることがあります。

排水管の接続部から水漏れを起こしていませんか?
その場合には部品の劣化の可能性があります。
接続部分に使われているパッキンの耐用年数はおよそ7年~10年です。
この期間に近い、あるいは超過しているのなら、パッキンの劣化による水漏れだと考えられます。

パッキンは自分で交換することができます。
まずはこれ以上水漏れが起きないように止水栓をかたく締めて、給水を止めましょう。
これで誤ってレバーに触っても水が流れなくなり、被害の拡大を防げます。
パッキンの交換そのものは難しくない部類に入ります。
ナットを外し、古いパキンを交換すればOKです。
止水栓を開き、水漏れが解消したかどうか見てみましょう。
交換の際にはパッキンを事前に準備する必要があります。
ネットで検索してみたり、ホームセンターへいってみればすぐに購入できます。

3.配管が見えない、原因が分からない…そんなときには修理業者へ
トイレによっては配管が見えないタイプがあります。
水漏れの原因を特定することが難しく、応急処置ができないという状況になってしまうかもしれません。
そんなときには修理業者へ依頼すると安心です。
水道修理業者は水回りのトラブル解消に慣れています。
原因の特定や修理もスムーズに進めてくれるでしょう。

トイレのトラブルはすぐに解決したいものです。
また、料金も気になります。中には評判の良くない業者もいるかもしれませんし、業者選びは悩んでしまいそうです。
良心的な業者の判断方法としては、「到着時間までの目安をおおよそでも教えてくれる」「修理より先に見積もりを出し、見積もり後のキャンセルも可能」という点を見てみると良いでしょう。

落下物が排水管を傷付けて水漏れに繋がることも

うっかり落下させてしまったものが流れ、排水管を傷付けてしまうことがあります。
これも水漏れに繋がる可能性があるため、落としたときには流さずに、すぐに拾い上げるようにしましょう。
トイレへの落下物で多いのは、スマホやガラケーといった大きな物をはじめ、鍵、胸ポケットに入れていたハンカチなどが挙げられます。
とくに金属でできているものは排水管を傷付けやすいため、流さないように注意してください。

また、詰まりを起こしやすい原因として、「流してはいけない紙類」を流してしまうというものがあります。
ティッシュやお尻ふき、ペットシートなどが代表格です。紙おむつや生理用品も絶対NGです。
トイレに流せるトイレットペーパーやお掃除シートでも、1度に大量に流すと水に溶けきらず、詰まりを発生させてしまうことがあります。
ただ、このようなタイプの紙類は、時間が経てば溶けて流れていきます。
詰まったと思ったらしばらくトイレを使わず、溶けるまで待ってみてください。

トイレの水漏れは可能な限り迅速な解決を

トイレの水漏れは精神的にも衛生的にもダメージが大きいものです。
可能な限りスピーディーな解決をはかりましょう。自分での対処が難しければすぐに水道修理業者を呼ぶべきです。

水のサポート徳島は、徳島市、阿南市、鳴門市、吉野川市、小松島市を中心に多くのエリアで水道トラブルの解決をサポートします。
お電話があれば迅速に駆け付け、作業前に必ず無料のお見積もりを取って、お客様に納得して頂いてから作業を開始しています。
迅速な解決にお手伝いが必要なら、24時間365日いつでもご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076