水のコラム

洗面所の水漏れトラブルDIY!自力でできる対処法をご紹介

2021年03月25日  洗面所のトラブル

急に起こる洗面所のトラブルにはさまざまな事例があります。水の流れが遅くて洗面台から溢れそうになる、ハンドシャワーや蛇口から水がポタポタ漏れてくる、いつの間にか洗面台の床に水たまりができているなどなど。水回りトラブルは突然起こるととても困るものです。

特にポタポタ漏れてくる水漏れは、どこが水漏れの原因になっているのかも分かりにくく対応はむずかしいでしょう。ここでは、そんな洗面台まわりのつまりや水漏れの原因と、その対処法についてご紹介します。

洗面台の水の流れが遅く洗面ボウルから水が溢れそうになる

まずはつまりの対処法から。洗面台の水の流れが悪く洗面ボウルにどんどん水が溜まっていく、悪臭がするなどの場合は、排水パイプに詰まりが発生しています。大抵の詰まりの原因は、髪の毛・歯磨き粉などの石鹸カスなどの汚れがたまること。これをしっかり取り除きましょう。

次に排水溝の掃除。ヘアキャッチャーに絡まった髪の毛やゴミを取り除いてから、塩素系漂白剤、重曹を溶かした水をスプレーし、ぬめりを落としましょう。

最後に排水パイプの掃除。排水パイプは手が届かないため、専用のパイプユニッシュを使います。市販のパイプユニッシュを排水溝に流してしばらく時間をおき、一気に水を流しましょう。この時、ちょろちょろと流すのではなく、洗面ボウルに水を張り、一気に栓を抜いて流すなど勢いをつけて流すのがポイントです。

子どものおもちゃなどプラスチックを詰まらせてしまった場合

お子さんのおもちゃやシャンプーや洗顔料のキャップなど、プラスチックを落としたときは要注意です。そのまま流してしまうと排水パイプの途中で詰まってしまいます。さらにそこに髪の毛や石鹸カス・皮脂などの汚れが蓄積すると、頻繁に詰まるばかりか最悪排水パイプの破損につながります。

万が一、プラスチックや水に溶けない固形物を落としてしまった場合は、すぐに止水栓を閉めてそれ以上奥に流れないようにしてください。排水溝から見えている場合は、割り箸やピンセットなどを使ってすぐに固形物を回収しましょう。固形物が排水溝のさらに奥に入り込んで取れなくなってしまった場合には、無理せず専門の業者にお願いしましょう。

蛇口やハンドシャワーからの水漏れが止まらない

このケースでは、洗面台の蛇口や給水管に原因がある場合がほとんどです。蛇口のパッキンが劣化している、給水管のナットが緩んでいる、ハンドシャワーのホースが破損しており、そこから水が漏れているというケースがほとんどです。

まず止水栓を閉めてみましょう。それで水漏れが収まるようでしたら、給水栓や蛇口に原因があります。次に、どこから水が漏れているか確認します。給水管のつなぎ目を触って、ナットが緩んでいないか確認します。ナットが緩んでいるようであれば、モンキーレンチなどでナットを締めてください。

さらに蛇口のハンドルやレバーなど上からチェックしてみましょう。蛇口の接合部や可動部には、水が漏れないようパッキンが設置されています。蛇口のつなぎ目やハンドル・レバーの隙間から水が漏れる場合は、パッキンの劣化・破損が原因でしょう。ハンドシャワーのホースから水がポタポタ漏れる場合は、ハンドシャワーのホースやその接合部のパッキンに問題があります。

どちらの場合もパッキンやホース交換が必要になりますが、交換修理には蛇口を分解する必要が出てきます。自分でできるタイプもありますが、蛇口の構造によっては自力での分解修理がNGのタイプもありますので、まず取り扱い説明書を確認してみましょうまた、マンションやアパートでは水回りの構造が戸建てと違います。自力で修理せず、まずは管理会社に問い合わせましょう。

洗面台を使うと足元の床に水たまりができる

このケースでは、洗面台下の排水パイプや下水管が破損している可能性があります。排水パイプとS字に曲がった排水トラップのつなぎ目のナットが緩んでいる、そのつなぎ目の中のパッキンが劣化しているなどが考えられます。

まずは収納スペースを開けて、排水パイプのつなぎ目を触って確認してみましょう。ナットが緩んでいるようであれば、モンキーレンチなどでナットを締めてください。これで解決するようであれば、修理完了です。もしこれで解決しないようであれば、内部のパッキンが劣化している可能性があります。このケースも交換・修理が必要ですが、蛇口の修理と同様に自力での分解修理は危険です。

それでもつまりが直らない水漏れが止まらない時は?

そんな時には水回りの専門家に任せましょう。手の届かない部分の修理は個人では対処できません。また、自力で分解修理ができないタイプについては、下手に修理しようとすると余計に悪化させることにもなりかねません。最悪、給水管や下水管が破損している可能性もありますので、その場合は給水管・排水パイプの交換が必要になります。無理に自分で何とかしようとせずに専門家の業者さんに任せましょう。トラブルの原因や依頼内容によって見積もり金額が異なりますので、まずはお電話にてご相談ください。

水のサポート徳島では、徳島市、鳴門市、阿波市、三好市、阿南市など徳島県全域でキッチンをはじめとた水まわりのトラブルの解消に尽力しています。お客様からのお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応しております。キッチン詰まりや水漏れをはじめ、水まわりのトラブルでお困りの際は、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076