水のコラム

トイレの異音はトラブル発生の合図!音の特徴から原因を探ろう

2021年02月07日  トイレのトラブル


トイレを問題なく使い続けるためのコツは、各種トラブルの早期発見・早期解決です。トラブルの芽を早めに察知できれば、漏れや溢れ、詰まりといった重大トラブルの予防も可能になるでしょう。トイレのトラブルを早期発見するためには、ぜひ異音に注目してみてください。音別に考えられるトラブル事例を紹介します。
 

「ゴボゴボ」の原因は詰まり

トイレから聞こえる異音の中で、もっとも多いのがこちらです。水を流したあとに、便器の奥からゴボゴボ・コポコポと聞こえてきます。この場合に考えられるトラブルは、排水溝詰まりです。多くの方が経験するトイレトラブルの一種ですが、それほど難しい事例ではありません。排水溝を清掃して詰まりの原因を除去できれば、すぐに異音もおさまるでしょう。
 
ゴボゴボ音が気になり始めたタイミングは、あくまで詰まりの初期段階です。このタイミングで、すぐに水が流れなくなる可能性は低いでしょう。とはいえ「いつでも対処できるだろう」とトラブルを放っておくのはおすすめできません。ゴボゴボ音の原因は排水溝内に溜まった汚れであり、時間の経過と共に徐々に大きく、そして落としにくくなってしまいます。完全に詰まってしまう前に、セルフメンテナンスをしてください。詰まりの解消には、スッポンや薬剤を使用するのがおすすめです。自分でやっても異音を解消できない場合は、修理のプロにお願いしましょう。
 
ただし詰まっているのが、異物の場合は注意してください。携帯電話やおもちゃなど、水に溶けない異物が詰まっている場合、セルフ対処は難しいです。プロに依頼して取り除いてもらいましょう。
 

「チョロチョロ」の原因はタンク内の故障

水を流したあとや誰も使っていないタイミングで、トイレからチョロチョロという音が聞こえてくることがあります。どこから聞こえてくるのかわからないときは、タンクに耳をあててみてください。タンクから音が伝わってくる場合、異音の原因はタンク内の部品の故障です。
 
タンクのフタを開けて覗いてみると、多くの部品が設置されていることがわかります。これらの部品は、トイレタンク内の水の流れをコントロールするためのもの、どれか一つでも故障すると、水漏れしたり水が止まらなくなったりします。チョロチョロという異音は、止まらない水の流れによって生み出されています。
 
数ある部品の中でも、故障の可能性が高いのは以下の2つです。
 
・ボールタップ
・フロートバルブ
 
問題がある箇所を突き止めたら、部品交換で修理できます。対応する部品を購入し、セルフ修理に挑戦してみるのも良いでしょう。部品交換しても異音がおさまらない場合や、そもそも故障個所がわからないときには、修理業者に対応をお願いできます。
 

「シュー!」の原因はダイヤフラムの劣化

トイレから「シュー!」という長い異音が聞こえる場合、考えられるのはダイヤフラムという部品の劣化です。ダイヤフラムとは流量の調整をするための弁部品です。これがうまく働かなくなってしまうと、異音が発生すると共に、タンクに水がたまるスピードが遅くなったり、手洗い管から水が出なくなったりします。
 
こちらのトラブルについても、部品交換で修理可能です。タンク内の水を空にしたのちに、劣化した部品を取り外して新しいものを取り付けるだけでOKです。作業そのものは、それほど難しくはないでしょう。
 
ただし調整弁の役割を果たすダイヤフラムは、誤った部品を取り付けてしまうと、その機能を果たさなくなってしまいます。別のトラブルを誘引する原因になる可能性もあるので、注意しましょう。自宅のトイレの情報をしっかりとチェックした上で、間違いなく適合する部品を購入してください。
 

「ゴン!」「ガン!」の原因はウォーターハンマー現象

最後に紹介するのは、「ゴン!」「ガン!」という、ハンマーでたたかれているような鋭い異音についてです。トイレを流すタイミングでこのような異音が聞こえてきたら、すぐに修理業者を手配しましょう。
 
この異音の正体は、ウォーターハンマー現象と呼ばれるもの。水道管内部の圧力が上がることで、このような異音が発生してしまいます。機械によって自動で水を止めた場合、水の流れが急激に止まり、圧力が高まってしまいます。「トイレの異音トラブル」と聞いて、古い住宅を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?こちらのトラブルの場合、最新設備を備えた新しい家で発生するケースの方が多いので、油断は禁物です。
 
水道管内部の圧力が高まれば、内側からかかる負担が大きくなります。最初は異音のみでも、水道管に亀裂が入れば水漏れの原因になってしまうでしょう。壁の中での水漏れトラブルは、発見が遅れがちです。「トラブルに気付いたときには壁の中がカビだらけになっていた…」という事例も報告されているので、異音に気付いた段階で対処しましょう。ウォーターハンマー現象は止水栓に水撃防止装置を付けることで防止できますが、修理業者に依頼した方が安心です。信頼できる業者に相談してみてください。
 

トイレの異音が気になり始めたら水のサポート徳島にご相談を

トイレから異音が聞こえ始めたら、早めの対処を心掛けましょう。セルフ修理に自信がない方は、水のサポート徳島にお任せください。プロの目で原因を究明した上で、トラブルを解消いたします。私共のもとには、徳島市や鳴門市、阿南市などのお客さまから、多数のご相談が寄せられています。一軒一軒丁寧に対応しておりますので、ご安心ください。

水のサポート徳島 0120-670-076

水のサポート徳島 0120-670-076